ビタミンCの約600倍の美容パワーをもつ高濃度(※)フラバンジェノール(R)で、シワやしみにお悩みの年齢を重ねたお肌にたっぷりのうるおいを与える話題の化粧品

フラバンジェノール(R)配合スキンケア

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

WEB専用お問い合わせ番号

0120-409-300

受付時間 9:00~21:00
携帯電話からもご注文いただけます。

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

フラバンジェノール®のふるさと

フラバンジェノール®のふるさと、 フランス・ランド地方

フラバンジェノール®のふるさとは、 フランス南西部のランド地方です。ランド地方ではナポレオン三世の時代 (19世紀ごろ)に植林が始まり、今では、見渡す限り海岸松が広がる土地となっています。

樹皮の厚さは、日本の松の約2倍以上!

強い紫外線が降り注ぎ、潮風にさらされる、過酷な環境で育つランド地方の 海岸松の樹皮は、日本の松のなんと 約2倍以上もの厚さがあります。この厚い樹皮に、フラバンジェノール®の源であるオリゴメリックプロアントシアニジン=OPCをはじめとする ポリフェノールが豊富に含まれているのです。

フラバンジェノール®の始まりは、 大航海時代

16世紀、北米を探検していたフランスの探検家ジャック・カルティエ(1491-1557)率いる探検隊が壊血病に苦しんでいたところ、先住民によってもたらされた、「アネダ」と呼ばれる 松の一種の樹皮などを煎じたお茶を飲むことで、助かったというエピソードが残っています。この発見が、フラバンジェノール®の源となる 松樹皮エキスの発展へとつながりました。

フラバンジェノール®の誕生

1947年、フランス・ボルドー大学名誉教授ジャック・マスケリエ博士がピーナッツの薄皮からフラバンジェノール®の源とも言える、 オリゴメリックプロアントシアニジン=OPCを多く含むエキスの製造に成功しました。しかし、材料であるピーナッツの薄皮が入手困難になり、他の原料を探すことに。その結果、たどり着いたのが、現在のフラバンジェノール®の原料である 松の樹皮だったのです。

フラバンジェノール®配合商品をいますぐチェック!


上へ
戻る