ビタミンCの約600倍の美容パワーをもつ高濃度(※)フラバンジェノール(R)で、シワやしみにお悩みの年齢を重ねたお肌にたっぷりのうるおいを与える話題の化粧品

フラバンジェノール(R)配合スキンケア

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

WEB専用お問い合わせ番号

0120-409-300

受付時間 9:00~21:00
携帯電話からもご注文いただけます。

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

美容コラム一覧に戻る

汗でドロドロに…夏のお肌とメイクをきれいに保つ3つのポイント!

夏は、長期休みやイベントも多く、今日はお出かけだからちょっと気合を入れてメイクをしよう!という日も多くなる季節ですよね。

ただ、汗をかいてファンデーションが崩れてしまったり、お肌がべたついたり…お肌やメイクの悩みが増える季節でもあります。

そこで今回は、夏のメイクで押さえておきたい3つのポイントについて解説していきます!

メイクそのものだけではなく、夏のお肌をキレイに保つ、という点からもお話ししていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

夏メイクでおさえるべきポイント3つ!

UVカット機能のあるコスメを取り入れる

夏のお肌の大敵といえばなんといっても紫外線。

日焼けだけではなく、シミやシワをはじめとした肌悩みの原因となるので、まず優先的に対策したいものです。

帽子や日傘で防ぐという方法もありますが、それに加えてメイクの段階でUVカット機能のあるものを取り入れると、なお万全の対策ができます。

日焼け止めクリームを取り入れるのもひとつですが、化粧下地・ファンデーションにUVカット機能が備わっているものもあるので、メイクのついでに紫外線対策もできます。

ものによって、UVカットの機能がどれほどなのかということは変わってくるので、こちらのコラムも参考にして用途に合ったものを選んでみてくださいね。

コラム:日焼け止めを選ぶポイント

▲瓮ぅ前にしっかりと保湿をする

夏メイクでおろそかになりがちなのが「保湿」です。

化粧崩れが気になるからといって、お肌がカラカラの状態のままメイクをしていませんか?

実は、保湿が十分でないと、かえって皮脂が過剰に分泌され、化粧崩れの原因になってしまうんです。

また、クーラーの効いた涼しい屋内と、気温の高い屋外との行き来で寒暖差にさらされるとお肌がゆらぎがちになるので、自覚が無くても乾燥しているということが!

お肌が乾燥していると紫外線ダメージの影響も受けやすくなってしまうので、夏場こそ「保湿」は欠かせないんですね。

メイク前に限らず、お風呂上がりなども丁寧な保湿を心がけましょう。

「直しやすい」メイクを意識する

夏メイクでやってしまいがちなのが、崩れないように「ファンデーションを塗りすぎてしまうこと」。

実は、厚塗りしすぎてしまうと、かえって崩れやすくなったり、ムラになって少しよれただけで悪目立ちしたりしてしまいます。

また、必要以上の摩擦はお肌のダメージになってしまうので、「落ちない」メイクではなく「直しやすい」メイクを意識してみると、お肌への負担も少なく、見た目もキレイな状態を保ちやすいです。

そこでオススメなのが「クッションファンデーション」。

ファンデーションの液がしみ込んだスポンジにパフを押し付け、ポンポンとお肌にのせることで、簡単にベースメイクができます。

持ち運びにも便利で水分量もあり、ワンタッチでお直しがしやすいので、夏のおでかけにはピッタリですよ。

まとめ

今回は、夏メイクで押さえるべき3つのポイントについてお話ししてきました。

  • UVカット機能のあるコスメを取り入れる
  • ▲瓮ぅ前にしっかりと保湿をする
  • 「直しやすい」メイクを意識する

また、冷感タイプのスプレー化粧水など、夏メイクを快適にするアイテムもあるので、そういったものも活用してみてくださいね。

コラム一覧に戻る


上へ
戻る