ビタミンCの約600倍の美容パワーをもつ高濃度(※)フラバンジェノール(R)で、シワやしみにお悩みの年齢を重ねたお肌にたっぷりのうるおいを与える話題の化粧品

フラバンジェノール(R)配合スキンケア

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

WEB専用お問い合わせ番号

0120-409-300

受付時間 9:00~21:00
携帯電話からもご注文いただけます。

FORMAL KLEIN フォーマルクライン

美容コラム一覧に戻る

室内でも油断大敵!紫外線が肌に与える影響と3つの対策!

シミ、しわ、たるみ…年々増えていく肌悩み。

それ、実は年齢のせいだけではないんです!

実は、肌老化の原因の80%は、日常生活における紫外線によるダメージと言われています。

つまり、紫外線によるダメージをしっかり対策をすることができたら、肌老化は最小限に抑えることができ、「いつまでも若々しいお肌」も夢ではないということ!

だから、年齢を理由にして美肌をあきらめることはありません。

こちらのコラムでは、紫外線がどのようにお肌に影響するのか、そしてそれをどう対処していけばいいのかを解説していきます。

紫外線がお肌に与える影響

代表的なのはシミ。

お肌は、紫外線のダメージを受けると自分を守るためにメラニンという成分を生成します。

本来であればお肌の生まれ変わりとともに排出されるものですが、様々な要因で肌表面に残りシミになってしまいます。

また、紫外線のダメージはお肌のハリには欠かせないコラーゲンの生成にも影響を及ぼすので、シワやたるみにもつながってしまいます。

このように、紫外線はあらゆる肌悩みを引き起こしてしまうんです。

室内でも紫外線を浴びてる!?

「夏は日焼け止めを塗っているから大丈夫!」
「日中は仕事で室内にいるから心配ない!」

こんなふうに、夏以外の季節や、室内に油断している方は要注意!

実際は、“年中、くもりの時でも、室内でも影響する”のが紫外線なんです!

紫外線にもA波、B波、C波と種類があって、それぞれ届く距離やエネルギーに特徴があるんですね。

その中で私たちが特に気を付けるべきなのが「A波」。

ガラスや雲も通り抜けて、肌の奥まで届きやすいという特徴があります。

そのため、お買い物や洗濯物などのちょっとした外での活動はもちろん、家の中でもガラス越しに浴びることもあるので、私たちは日常生活の中で知らず知らずに紫外線ダメージを受けているかもしれないんです。

紫外線の対策

だからこそ、季節や天気に関わらず、日常的に紫外線対策をしていくことが、とっても大切。

具体的には、次の3つの対策が挙げられます。

ゞ卜六膤粟を浴びない

1つ目は、自分のお肌に注ぐ紫外線を、物理的にカットする方法です。

例えば、外出時に日傘を使う、長袖で肌を露出しない、サングラスをかける、などです。

この時に気をつけたいのが、紫外線対策アイテムの“色”です。

特に日傘は、内側が白いものだとアスファルトの照り返しなどでかえってダメージを受けてしまうことがあるので、内側は黒などの暗い色を選ぶのがベターです。

∋膤粟から受けるダメージを最小限にする

2つ目は、紫外線を浴びてしまった時のために、お肌が受けるダメージを少なくする方法です。

例えば、日焼け止めを塗る、UVカットの機能がある化粧品を選ぶ、などです。

日焼け止めは、顔だけではなく、年齢が出やすい首や胸元、忘れがちな首の裏や手の甲などもしっかり塗りましょう。
また、一度で大量に塗るのではなく、少量を何度も重ねるようにして、数時間おきに塗りなおすのも大事です。

アフターケアをしっかりする

3つ目は、,筬△破匹きれなかった紫外線ダメージを、後からフォローするという対策です。

例えば、美白効果のあるスキンケアをする、サプリや医薬品を取り入れる、などがあげられます。

ただ、美白効果のあるスキンケアは、物によっては刺激が強い場合もあります。特に敏感肌の方は、無添加で自然由来のものを選ぶなど、お肌に優しいアイテムを選ぶようにするとよいですよ。

まとめ

日常で知らずのうちに浴びている紫外線ダメージはなかなか自覚しにくいですが、将来のお肌に与える影響ははかりしれません。

ただ、何か大がかりなケアをしなければいけないというわけではなく、日常のケアが何よりも効果的!

今回紹介した3つの対策も、どれか1つだけやればいいというわけではなく、その時の状況に応じて組み合わせていくことが大事です。

地味なように思えても、実は日々の積み重ねが美肌への一番の近道なので、自分に合った方法で無理なく続けていきましょう。

コラム一覧に戻る


上へ
戻る